Canadapost(カナダポスト)で荷物の追跡(トラッキング)を調べる方法

先日日本から冬服一式が無事届きました☆

 

周りの皆は現地調達する方が多いみたいですが

またわざわざ買うのも、帰るときに売るのも嫌なので

日本に居る段階で、冬服は纏めておいて

送ってもらうだけにしておきました。

 

ただ、一つ忘れていたのが関税が掛かるという問題

その為に申告書を書くのですが、この話は追跡の方法の後に

ご説明します。

 



まず、カナダポストのホームページに行きます。←リンクになっています。

因みにカナダポストとはカナダの郵便局の事です。

canadapost

 

そして、『Tracking Numbers』と言うところに13桁の

問い合わせ番号を入力する。

そして、『Track』をクリック

canadapost2

問い合わせ番号とはこれです。

canadapost4

 

もしカナダポスト(カナダ)から送った場合はこれ↓

canadapost5

 

そうすると次の画面が出てきます。

canadapost3

画面見ると分るんですが、これは届け終わった状態です。

カナダに荷物が到着するまでは日本郵政公社の

ホームページで状況は確認して下さい。

 

ところで、注意しなければいけないのは

カナダでは日本と違い、再配達はしてくれません

 

その場合、こんな不在票が置いていかれます。

canadapost6

この赤で囲んだ部分が荷物を保管している

配達先から最も近いカナダポスト(郵便局)の

場所です。

 

うちのシェアハウスの場合殆どの確率で

営業っぽい来客や配達は無視するので

オーナーから荷物が届いた一週間後に

この不在票を受け取りました。(まったく!)

 

ただ上記のホームページから一度家まで配達したかを

確認出来きますし、保管場所も書いてあるので

不在票もらう前に荷物は受け取る事が出来ましたけどね。

そうそう、身分証明書があれば不在票無しで受け取る事が出来ます。

 

それで、日本から荷物を送ってももらおうとしている人は

注意しなければいけないのは荷物一つ一つに関税が

掛かるという事です。

 

配達の伝票に送る物を記載するのですが

その枠で足りない場合は別途用紙に書く必要があります。

その用紙は郵便局から頂けるはずです。

 

ちなみに、下記アドレスから関税通知書の紙がダウンロード出来ます。

http://www.post.japanpost.jp/int/download/customs.html

 

ここで『価格』を書くときの目安があるのですが

新品で買った値段を書く必要は無いそうです。

目安としては、例えばハー○オフとかにこの服や

物を売ったときに査定されるだろう金額を書くと良いそうです。

 

あと、失敗談で書いてあったのが

わざわざクリーニングして、ビニールで包装された状態で

送ってしまったため、新品と見なされてしまい

多く税金が取られてしまったそうです。

なので、送る際はただ畳むだけの方が良いと思います。

 

そんなわけで、これで冬支度万全になったわけでした☆

参考になれば嬉しいです。

 

 

↓役に立った、面白いと思ったらポチッと押してね♪

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

LINEで送る
Pocket