いくらWEB業界の仕事に就きたいといったって

結局技術が無かったらいざって時に何のアピールも出来ないわけで

やはり未経験の人間がWEB関係の仕事に就くためにやっておくことは

当然、ウェブサイトを作ることでしょう。

 

HTMLとCSSはカナダにいるときから独学で勉強はしていて

調度よくうちの母が習い事の先生だったので

そのWEBサイトを作ってみたりしたことがあります。

ただ、結局公開はしませんでしたが。

 

海外にいるときにHTMLの勉強に役立ったサイトがあって、Schooというサイトです。

 

このサイトは有料ですが、本一冊の値段もしない月会費で授業動画見放題。

このサイトには本当にお世話になっています。

 

このサイトを見ると、当たり前のようにちょっと勉強すれば

誰でもWEBサイトを作れてしまうということに気がつきます。

 

だから、自分的に思うのは静的なWEBサイトを沢山作ったところで

全然差別化にならないと思う訳です。

 

Schooの授業の中でPHPを学ぶ動画があるのですが

この動画の中で先生が言っていたのが

WEBサイト制作の初心者を最初の突破口は

「PHPとデータベースを利用したWEBサービスを作れたら」

といったニュアンスの事を話していました。

 

いわゆるLAMP環境でのWEBサービス制作の経験と言うことです。

ちなみにLAMPとはLinux、Apache、MySQL、PHPまたはPerlかPythonの頭文字を取ったものです。

 

アダルティなサイトなのでここでは直接紹介できないのですが

普通の会社員の方が、あったらいいなと思うWEBサービスを考えていて

それを独学で作ったサイトがあります。

その方は3ヶ月間ほぼ毎日会社が終わってから作業していたそうで

そのできあがるまでの道のりが簡潔に書いてあって、凄く感銘を受けました。

 

本当に1から勉強したらしく、htmlの勉強から始まってから自宅サーバーを立ち上げて

でも結局VPSにしたり、外部APIを使って動的に表示する検索システムを作り上げてました。

 

その記事では結構さらっと書いてますが、そのWEBサービスを公開するまでかなりの知識が必要だと思います。

 

なので私も、就活しながら一日でも早くWEBサービスを立ち上げようと思います。

一応予てからの案はあるので、とにかくスタートする事にします。

 

 

↓役に立った、面白いと思ったらポチッと押してね♪

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ

LINEで送る
Pocket